読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naototubeのブログ

スリランカ在住で翻訳の仕事をしている僕が、独学で英語を覚えた方法を発信しています。

【記憶術】英語で言いたいことが言えないあなたは、きっと〇〇ができていない

こんにちは!Naotoです。


今日は、

「なかなか覚えられない英単語」
「覚えたい英会話のフレーズ」

これらを記憶に定着させ、
尚且つそれを会話の中で一瞬で引き出すことが出来るようになる、
「効果的な記憶術」について伝えていきます。
その記憶術こそ、タイトルの〇〇を埋めるものです。

 

その記憶術を使ったらこうなる 


英語を話す場面になったとき、

「単語は頭に浮かぶのに、言葉に出来ない」

「あんなに勉強したのにスラスラ出てこない…」

という悔しい思いを過去に経験したことがありませんか?

机の上の勉強なら出来るのに、
それが活かせないっていうのは歯がゆいですよね。
でも安心してください!

この方法を実践し習得できれば、あなたが外国人と話す時も、
言いたい言葉を一瞬で思いつくことも出来るようになります。

もう二度と「言いたいことが言えない」状態にはならずに済む、ということです。

では、その方法とはいったい何なのか?

その効果的な記憶術が、

Three times readingです。

「スリータイムズリーディング?」

とあなたは思いましたよね?


実は文字通り、そのままなのです。笑

 

何それどうやるの?


まず、ざっくりに説明すると、

絶対に覚えたい単語やフレーズや内容に何度も出会うことで、

記憶に残りにくいものを脳みそに刷り込む記憶術です。

人間はたった一回の行動で、
完璧に覚えることは不可能ですから
ちょっと考えてみてください。


1年間にたった1日だけ会って長い時間喋った人』

毎月1回ずつ会って少しの時間だけ喋った人』


どちらの方があなたの記憶に残るでしょうか?

答えは言うまでもなく、毎月会った人ですよね。

 


人は何度も同じ経験をすることによって
脳の中に記憶されていきます。

その回数が多ければ多いほど、記憶はより強く、忘れないものになっていくのです。


なのでまずは、
「英語を一回で完璧に理解する」という考えを捨てましょう。

少なくとも三回繰り返し頭の中で反芻するだけで、

記憶の定着率は格段に上がります。

 

具体的にどう行うの?

 

それでは、具体的なやり方に進みますね

 

①まずは一通り全体を読む

最初は全体をパーッと読み、

内容の枠組みをとらえましょう。

完璧に記憶する必要はありません。

ある程度内容を理解するだけで十分です。

 

②覚えにくい箇所をあぶりだす

二回目に読む時に注意したいことは
「わからない単語やフレーズにチェックを入れること」です。

一回読んでいるものの、記憶に定着していないということはあなたがまだ覚えていない部分ということです。この部分にチェックや分かりやすい印を入れ目立たせます。

 

③「重要で覚えにくいもの」を絞り込む

三回目になると、ほとんどのものを記憶している状態になります。
それでも覚えておらず、
かつ重要な部分を
ピックアップし、徹底的に脳に刷り込みます。

 

まとめ

以上の3ステップを繰り返すのが、今回紹介した3ステップリーディングです。

 

何回も同じ単語やフレーズに出会う

これは英語が母国語のネイティブは生活の中で自然とできますが、
日本人に関してはそうではありません。

この方法で意識的に単語やフレーズと出会うことで、
彼らのように英語を定着させ、いつでも引き出せるようになります。


僕も含め、英語がペラペラの日本人も実践している方法です。
英語を鍛えたいと思っているあなたも、ぜひ実践してくださいね!


Naoto.