英語学習と海外YouTuberについて

英語の勉強と、海外YouTuberについて発信します

TOEICの勉強サボって直前になってあたふたしてるやつちょっと来い

 

f:id:naototube:20170510184017p:plain

人はなぜTOEICを受けるのか?

学校の卒業基準だからか?
就職する際の資格としてか?
英語力を鍛えるためか?

はたまたそこにTOEICがあるからか?

 

理由は違えど考えることは同じ

それは高得点を取りたいということだ!

 

ということで、今回は僕のTOEICスコアを上げてくれた
超シンプルだけど確実に効果のあるWriting Partの勉強方法をお伝えします。

 

これはTOEIC900点台の先輩が教えてくれて、
当時の僕のライティングのスコアを250点上げさせてくれた方法です。
(僕のスコアが悪かったのもありますが笑)

 

もう潔いほどシンプルです。
その極限のシンプルさ故、英検にもTOEFLにも応用可能です。

 

必要なものはTOEICの過去問、模試、そして鉛筆とタイマーだけ

 

・やばい、TOEIC一週間前なのに何もしてねぇ!

TOEICの勉強法がたくさんありすぎて、何を選んだらいいかわからないyo!

・ライティングパートの点数が取れなくて困っているんだ!

 

そんな方の悩みをぶっ飛ばす、脳筋メソッドになります。

なので、

 

楽な方法を探している方、他の記事で会いましょう。

 

 

 

模試で満点取れるまで何回も解く、ただそれだけ

 

ということなんですわ。笑

でも僕はこの勉強法を最高だと思っています。
なぜなら、Toeicの点数だけでなく、あなたの単語力、文法力まで

メキメキアップさせてくれるので、
今後の英語の発展のためにも強力な基礎を築いてくれるからです。

 

では、
具体的にどのように行えばいいのか、
なぜそれで短期間で点数を上げられるのか、

説明させていただきます。

 

やり方

では、あなたが試験3回分の模試を持っているとしましょう。
(普通のテキストの問題でもいいですが、本番に近づけるために模試、過去問が好ましい)

以下がその方法のサイクルです。

模試を解く→答え合わせする→間違えたところの解説を読み、理解する→2つ目の模試を解く→答え合わせをする→間違えたところの理解→3つ目の模試→・・・→1つ目の模試→・・・

これを、最低どれかの模試で満点取れるまでやります。
できれば全部満点取れるまで。

各パートのコツは以下の通りです。

 

試験時間と同じ制限時間で行う!

本番に近い練習をするためにも時間は測るべきです。

 

間違えた問題、わからなかった単語は、解説の方に印をつけておく

解説に印をしておくメリットは、
単語の意味、もしくは正しい考え方が脳みそに染み付きやすくなることです。

答え合わせをした時に
「あ、これ前も間違えてる!ちくしょ〜」と、
見た時に感情が動きやすくなるからです。

 

 

印をつける際のポイントは2つあります。

 

1.解説の方のみに印をしておく

2.間違えたるたびに印を増やす

 

まずポイント1についてですが、

問題文に書き込むと、それもまた本番の試験と離れてしまいますのでやめておきます。

問題文に印をつけると、
「あ、これ間違えてる!なんだっけ〜」と、本番ではしない思考をしてしまうので。

 

次にポイント2についてですが、
これは自分の弱点を知ることにつながります。

同じ問題でも、何度でも間違える問題、毎回忘れる単語の意味があるものです。
それがあなたの苦手な箇所なので、例えば

「3つチェックがついた単語は、単語帳に書いておこう!」
「2つチェックがついた文法のルールは、他の詳しい解説書でもう一度理解し直そう!」

 

このように自分の弱点だけに集中して勉強できるようになるのです。

 

 

 

 

何回も繰り返すと答えを覚えるけど、そのまま覚えている答えを書いていい

「覚えてるところは飛ばしちゃって、間違えてるところだけやればいいじゃん」

って思いますよね。僕もそう思いました。

しかし、ちゃんと理由があります。
それは「覚えているつもりでも間違えることがあることがあるから」です。


間違えが重なるところにばかり目がいって、

普段正解してるところを取りこぼしてしまったら、本末転倒ですからね。

 

 

仕上げ

 

さて、模試ではめでたく満点取れるようになりました!
あとは試験を待つのみ・・・!

ではなく、
満点取れるようになったら新しい模試で同じことしてください。

ヒェ〜って感じですよね。

でもこれであなたの応用力を試せますし、ここまでやれば問題のパターンも見てきます。

パターンが見えると、問題文を全部読む前に答えの目星がつき、時間を節約できるようになります。

 

さらに、あなたの実力がどんどん塗り重ねられ、
基礎である単語力、文法力がこれでもかってぐらい強固になっていきます。

 

いいことずくめですね!

 

 

まとめ

冒頭で述べたように楽ではないですが、
TOEICの点数だけでなく、あなたの英語力もアップさせてくれる素晴らしい方法です。

TOEICには、純粋に点数を上げるための「攻略本」もたくさんありますが、

将来的に英語を話せるようになりたい人は、ぜひこの方法を試してください。
必ず見返りは得られます。

筋トレみたいなもんですね。

 

英語脳ダァ?
そんなもん脳筋でいいのです。(適当)

 

応援してますよっ

ナオト

サバイバル系海外YouTuber まとめ(英語がわからなくても楽しめます)

今回は、自然で遊びまくるサバイバル系YouTuber&チャンネルをまとめました!

コンクリートジャングルで消耗している人、
自然が好きな人は特に観て欲しい!

今のあなたに足りない刺激が感じられるはず!

 

Tarra Darra Bros

オーストラリアの二人組
こいつらを観てると、無性に自然で遊びたくなってくる!
自然って、ここまで楽しめるものなのか・・・


みてみろよ、こいつらの無邪気な遊びよう。
気がついたら上裸になってるぜ。

 

 

Caleb TDB

前にあげたTarraDarraBrosの片方!
こいつのエネルギーはマジで武井壮並み笑

ほんで、自分でとった獲物をうまそ〜に料理するんだよな〜

 

 

Primitieve Technology

現代技術を一切使わずに、
家から井戸から弓まで全て作ってしまうYouTuber.

どの動画でも一言も言葉を発さないので、
タイムスリップしてきた原始人を誰かが撮影しているかのよう笑

木と石があればここまでできるのか・・・


文明が滅んだら、こいつの時代が来るだろう。
ほんでこの弓矢の威力強すぎな笑

 

 

 

Go Pro

YouTuberではないけど、
人間の限界を超えた様々なチャレンジは、
人間に限界がないことを教えてくれる。

だって、GoProの動画には超人しか映ってないから笑

この動画とか、死なないのが不思議。
でも超やって観たくなる笑

 

まとめ

楽しんでいただけたでしょうか?!
楽しかった動画にはぜひチャンネル登録してみてください!

このワイルドな刺激が定期的にあなたに届きます♫

最後のGoProのウィングスーツは死ぬまでにやりたい笑

英会話をこれから始めたいあなたに、最高のきっかけを紹介します!

 
海外はスリランカに来ております。
 

海外に来て思うことはやはり・・・

 
「英語話せてよかった〜」
です。
 

「英語が話せる」とは?

 
相手に自分の言いたいことを英語で伝えられる
かつ、相手が英語で言っている内容が理解できる
 
 
今回は、英語を話せるということを、このように定義しましょう。
 

 

あなたに英語を進める理由

 もしあなたが、
 
 
・海外で旅行したい
 
・海外でビジネスしてみたい
 
・外国人と話せるようになりたい
 
 
そう思っているなら、
「英語を話せる」ようになることを強く強くお勧めします。
 
 
その理由は容易に想像がつくと思いますが、
 
あえて僕の考えも伝えさせてください。
 
 

なぜ「英語を話せてよかった」のか?

 
 
 
めちゃくちゃ便利だから
これに尽きます。
 
例えばホテルでは、
 
 
「この辺にアイフォンの充電器売ってるとこありますか?」
 
「急にチェックアウトしてもいいですか?」
 
「朝食は料金に含まれますか?」
 
 
など聞きたいことがたくさん出て来ますし、
 
 
受付時には、
ホテルの注意事項や、受けられるサービスの説明など、
 
英語で聞かなければ行けないことがたくさんあります。
 

しかし、実際は

「英語が話せない」場合でも、

大きな問題になることはないんですよね笑 
 
 

だけど、英語が話せないと・・・

「ん、これを聞きたいんだが、英語で言えないから我慢しよう
 
 
「なんて言ってるかわからずただ頷いてるけど、重要なことを聞き逃したらどうしよう
 
 
やっぱり伝えられない・・・もう諦めるか
 
 
 せっかくの海外なのに、こんなせちがらい思いしたくないですよね。
 
 
特にビジネスできているときは、「まぁいいか」で済まない場合もあります。
 
宿泊費が会社に請求されるはずが、自分に来ちゃうとか・・・
 
 
 
このほかにも、英語を使うシーンはたくさんありますが、
 
 
その度に余裕で対応できるか、
 
 
「頼むから英語で話しかけないで・・・」
 
「今のでちゃんと伝わってるか?」
 
「ちゃんと自分は理解しているのだろうか?」
 
 
ストレスを感じるか
 
 
その差だけで、海外の思い出の良し悪しを左右すると言っても過言ではないと思います。
 
 

 僕だって昔は・・・

 
僕もかつてはアメリカに行ったとき全く英語が話せず、
ゲストハウスのルームメイトと仲良くできず、
 
 
その上、英語で頑張って会話した後、なぜか冷たく扱われた
 
 
そんな経験をしました。
 
だからこそ、こうして「英語を話せる」便利さを痛感しています。
 
 
今なら、当時僕を冷たく扱ったルームメイトとも
うまくやれるでしょう。
 

ここまで、読んで、自分でもできるかな・・・と思ってしまったあなたへ

大丈夫、

「英語を話せるようになる」のは簡単で、

 
スタートさえ間違えなければ3ヶ月でも「英語を話せる」ようになれる
 
 
ということをまずお伝えします。
 
 

最適なスタートとは、「英語を楽しむ」ということ

英語を楽しむには、英会話教室や留学に行かずとも、

 
・海外YouTuberを楽しむ
 
・英会話カフェに行く
 
・外国人との交流パーティーに行く
 
などの、気軽で楽しい方法があります。
 
 
これらの方法では、
英語ができなくてもそれを気にする外国人はいません。
 
 
恥ずかしがる必要も、英語が話せなくて困ることもありません。
 
英語を楽しむには、英語「で」楽しむことが必要です。
 
 
つまり、一人で黙々と勉強したり、
習得に躍起になって、
 
英会話教室や留学でも、あまり上達しない自分を責めたりする必要はないのです。
 
 

英語を学ぶ目的が「習得」になっていると、その道のりは険しい

 しかし、目的が「楽しむこと」ならば、
必然的にその道のりは楽しくなります。
 
 
英語は人ととのコミュニケーションの道具なのですから、
楽しむには、楽しい相手を見つけることです。
 
 
そのために、
 
 
・海外YouTuberを楽しむ
 
・英会話カフェに行く
 
・外国人との交流パーティーに行く
 
 
これらの三つの方法は最適なのです。
 
英語の能力に関わらず楽しめるのも魅力です。
 
 
 
 
 
 
 
英語をこれから始める人にとっては、
そこでの体験が最高の「刺激」になるでしょう!
 
 
YouTubeで楽しむ場合は、
僕が趣味で日本語字幕を作っているYouTubeチャンネルがあるので、
ぜひご覧ください♪
 
 
 
僕はあなたが、楽しく英語を上達させることを願っています!
 
 
 
楽しもうぜっ
 
ナオト

ちゃんと知ってる?ぺらぺらの英語を聞くために本当に必要なことは・・・

f:id:naototube:20170709232010j:plain

 

リスニングがネイティブレベルにまで上達する方法って、実は一つしかないんですよね。


実はそれ、英語を聞くことじゃないんです。

そこを勘違いして、ず〜っと英語を聞いて、
時間を浪費しちゃってる人がめちゃくちゃ多いです。

もしもあなたが、「え、そうなの?!」
と思ったら、この記事は絶対読むべきです。

「リスニングができないと、まず会話が成り立たない」ですしね。

あのネイティブのつなぎ目のわからない単語の羅列

聞く気失せますよね笑

僕もそうでした。
わからなかったことは適当に相槌を打って、結局話についていけず疎外感を感じたり・・・

 

しかし、この記事を読めば、
あなたのリスニングの悩みは9割解決しますので、早速始めましょう!

 

英語を聞いてもリスニング力が伸びない理由

それは、このようなリスニングの原則があるからです。

 

「自分で発音できる単語、フレーズしか聞き取れない」

 これなんですよね。

例えば、あなたが聞き取れないペラペラの英語、
これ、聞き取れないだけじゃなくて、話せもしないですよね?

もちろん、リスニングをするためには文法力、単語力も必要ですが、
文法、単語は学校で習うので、大体の人は最低限のリスニングはできます。

でも、発音の練習って、学校でほとんどしないですよね?
なので、ネイティブのあのペラペラの英語が聞き取れないのです。


初歩的なリスニング力は聞いているだけでもできるようになりますが、

それ以上のリスニング力を得たいなら、あなた自身の発音を鍛えるしかないのです。

 

 

発音はどのように鍛えればいいの?

究極なのは、「英語の音読」です。

シャドーイングでもいいですし、
英文を自分のペースで読むのでもいいです。

大事なのは、「正しい発音音声と自分の発音を比べられること」

発音は奥が深いですが、とりあえず意識して欲しいのが
「耳で聞いた正しい発音をなんとなく真似できるようになる」

ということです。

とっつきにくい方は、「好きな洋楽の完コピ」を目指すだけでもいいです!
完コピできた後にその洋楽を聞くと、余裕で聞き取れることに気づくはずです。

 

まとめ

もしもあなたがリスニングで行き詰まっているなら、
まず「発音の強化」をしてください。

それが、あなたのリスニング力を「初心者」から次のステップに誘います。

「簡単なリスニングすら難しい」
という方は、そもそも高校までの単語、文法が怪しい可能性が高いので、
そこの補強をしましょう!


発音に関しては別の記事でも詳しく取り上げようと思うので、
楽しみにしていてください!


それでは、今回も読んでいてただいてありがとうございました!
ナオト

意識するだけであなたの英語の発音を日本人離れさせる4つのポイント

発音が正しくなければ、英語は伝わりません。
もしくは、めちゃくちゃ伝わりにくいです。

 

でも、みんなに敬遠されるのは、極めるのが難しく、ゴールが見えないから。


英語の発音って、日本海溝ぐらい奥が深いんですよ。

 

呼吸の仕方、下の使い方、息の吐き方、発声の仕方、発声のリズム・・・
もはやスポーツです。


1時間で2万円の発音専門のスクールがあるくらいですからね。


でも、あなたが超本格的に英語を使う仕事、
(通訳とか英語の発音の先生とか)を目指していない限り、



以下の4つのポイントを意識するだけで十分だと筆者は思います。

 


・子音に対して母音を入れないよう意識する


リエゾンを理解し、意識する


・アクセントを意識する


・喉ではなく、お腹からはっきりと声を出す

 

正しい文法で正しい単語を使っていても、
発音が悪いだけで聞き取られません。


伝わる英語を話せるようになりたいならば、
まずこの4つのポイントを改善していきましょう!

 

子音に対して母音を入れないよう意識する

これが日本人の英語の発音を邪魔する一番の要因です。

英語では、子音に対して母音がつきません。
一方、日本語では子音に対して必ず母音がつきます。

 

例えば、「K」という子音がありますね。


これを伸ばして発音すると、「けーーーーー」っとなるわけですが、
厳密には「けぇぇぇぇぇぇ」ですよね。



つまり、「け」に対して「え」という母音がくっついてくるのです。 
これは他の子音でも同じ。


ただし、英語で発音すると「クッ」で終わりです。

 

日本語のまま
「I'm a student」を発音すると



「アイム ア ストゥーデント」
となりますが、


子音の後に母音を続かせないようにするだけで、



アイマストゥーデン」
という感じになります。

 


長いこと日本語を使っていると、
どうしても子音のあとに母音を続かせてしまうので、


これから英語を発音するときは、
いま思っているよりも5倍強く意識してください。

 

リエゾンを理解し、意識する

先ほど述べたように、日本語は子音に毎回母音を伴うため、
口を開けた状態で発音し終えます。



それに対して、英語は口を閉じて発音し終えることが多いです。

 

英語は口を閉じて発音が終わるため、

後ろの後が口を開く母音で始まっていると、

結合してリエゾンになるのです。

 

英語の子音をしっかり息で発音できれば、
自然と次の母音と繋がり、リエゾンの感覚がつかめるでしょう。

 

例えば、Get off

これは日本語では「ゲット オフ」ですね。

しかし、英語では子音に母音をつけないで発音するので、
聞こえ方としては「ゲッ オフ」

さらに、リエゾンが発生します。

「Get」の最後の「t」は消えているわけではなく、息で発音しているので、
「t」の次の「o」と繋がり、
実際の英語での発音は「ゲローフ」という感じになります。

 

 

 

アクセントを意識する

アクセントの間違い一つで、あなたの英語は伝わらなくなります。

英語は息の言葉なので、アクセントは息で強弱をつけます。

アクセントを強める場所を間違えるだけで、別の単語に捉えられたりするほどです。



これから英単語を調べる際はどこにアクセントが来るかも調べ、
実際に正しい発声を行いましょう。

 

日本語と英語のアクセントの付け方の違いをもっとわかりやすく説明しましょう。


例えば、「はし」という言葉、

「は」を高く発音すると「箸」

「は」と「し」を高低なしで発音すると「端」

「し」を高く発音すると「橋」になります。

日本語は声の言葉なので、「どこを高く発音するか」でアクセントを変え、単語を伝えるのです。

最初は、ただとにかく波をつけて話すようにするだけでも構いません。

 

喉ではなく、お腹からはっきり声を出す

街中やレストランなどで、外国人の声が異常に響いていることありませんか?

それはまさしく、喉ではなくお腹から声を出しているからです。

 

日本は喉から声を出すので、
外国人からしたらゴニョゴニョしているように聞こえて、
非常に聞き取りづらいのです。



それと同じように英語を話せば、
どうなるかは火を見るよりも明らかですね。



これも、英語で会話をし始めた冒頭は意識できているのですが、


会話が進むに連れておろそかになっていくので、
普段から日本語をお腹からはっきり話すようにしたり、



ちゃんと指摘してくれる人と英会話をすることで矯正していきましょう。

 

まとめ

発音は英語の基礎であるにも関わらず、
ないがしろにされがちな分野です。

 

・子音に対して母音を入れないよう意識する
リエゾンを理解し、意識する
・アクセントを意識する
・喉ではなく、お腹からはっきりと声を出す

この4つのポイントを理解し、
まず自分で実践することで発音の理解が深まり、

リスニングで聞き取れなかった英語も聞き取れるようになっていきます。


これらの仕組みを理解した上で、
正しい単語音声に従って発音する練習がオススメです。

 

YouTubeなどではフレーズや単語の正しい発音が載っているので、
ここまで紹介したポイントを意識して発音を練習する時間をとりましょう。

 

そうすれば、あなたの英語は激変し、
外国人にとって非常に聴きやすい英語を話せるようになります。

 

英語をしっかり話せるようになりたい方は、
この4つのポイントをしっかり実践してくださいね!

 


今回も読んでいただいて、ありがとうございました!
ナオト

YouTuberは目指すべきものなのか?

                      

f:id:naototube:20170602023459j:plain

YouTube、動画配信界に革命を起こしたこのサービスを利用して、
個性を発信する者たちが現れた。

彼らはこう呼ばれた。

YouTuberと。

 

YouTuberとは?

YouTubeだけで生活している人?(好きなことして生きていく状態)
単にYouTubeからお金をもらう人?
お金をもらっていなくても、動画を継続して投稿している人はみんなYouTuber?

YouTuberの意義として当てはまるのはどうやら3つ目の解釈らしいのですが、
彼らの中からカリスマ性を持った人々が現れ、その人がYouTubeを職業にし始めた。

人気があるからこそ、職業にできるわけですね。

以降の記事では、一つ目のYouTuberの解釈で進めて行きます。

 

なぜ人気なのか?

テレビに出るのは、雲の上のようなきらびやかなタレント、有名人が当たり前だった時代、YouTubeが動画配信の常識を変え、多くの人がテレビと同じぐらい、それ以上にYoutubeを見るようになった。

その中で、「自分と同じ一般人なのに、なんだかスターみたいな人がいる!すごいなぁ!」


と、今までにない価値観を視聴者に与えたのがYoutuberだった。

雲のような存在ではない、むしろ親近感を抱きやすいのに、すごいカリスマ性を持っている。このような新しい価値を生み出したパーソナリティーに、人々は引き込まれた。

 

YouTuberは好きなことして生きている?

「好きなことして生きる」これはつまり、職業いてYouTubeを使うという意味。
確かに、彼らは動画の中ではとても楽しそうにしている。

視聴者からは、時に憧れの的、時に「楽して金を儲けやがって!」と妬みの的になったりします。彼らは好きなことをやっていると思う。
投稿したくないものを自分から投稿する人はいないでしょう。

しかし、カリスマYouTuberの努力は半端ではないはず。

 

自分のオリジナリティーを保ちつつ、
視聴者が喜びそうなコンテンツを日々考える。

 

「もしかしたら、叩かれるかもしれない」
「もしかしたら、誰も見てくれないかもしれない」
「もしかしたら、自分はYouTuberに向いていないかもしれない」

 

こんな恐怖と日々戦っているのだ。
多くのYouTuberの動画と、彼らの本音を綴った動画を見てきた筆者にはわかる。

YouTuber達は、まず自分のからを必ず破らなければならない。

 

YouTuberは目指すべきもの?

僕は目指すべきではないと思う
もしも、YouTuber達の努力と勇気のほどを知らず、覚悟がないなら。

YouTuberという名前で簡単に理解されているが、
その本質は、
「自分にできることで、自分のやりたい方法で、人々になんらかの価値を与え続ける人」
だ。

これは法人(会社)のあり方と変わらない。

毎日の投稿量と質を、高い基準で自分にコミットしなければならない。
誰も見てくれない長くて辛い、いつ終わるともしれないトンネルを行く覚悟も必要だろう。

 

YouTuberは尊敬すべき

これが今回の記事の結論だ。
彼らはまさに白鳥のよう。

優雅なようで、水面下では非常な努力をしている。
理解のない人々のバッシングにも耐える。

笑顔で、時にいろんな表情で、視聴者をなんとか楽しませようとする。
もしくは、注目されるためにありとあらゆる工夫をする。

自分と向き合い、自分を知り、それをさらけ出して、人に何かをもたらす。
その姿勢に、僕は敬意を評したい。

そして、筆者は現在、PewDiePieにもっとも注目している。

それは単に彼が世界のYouTuberの中でトップであるからではなく、
一日も休まずに投稿してきた彼が、日本時間の5月31日から6月2日現在まで、
動画の投稿をストップしているからだ。

YouTuberとして最高峰の彼は、他の誰もが出くわしたことのない何かに退治しているのかもしれない。

英語を覚えられないあなたは「ハマってない」だけ!

f:id:naototube:20170510184017p:plain

現在、私はスリランカで翻訳の仕事をしています。

と言っても、
私が英語を覚えたのは大学生の頃なので、ほんの数年前になります。

偶然、暇な時に海外のYouTuber動画にハマってから急激に英語を覚えました。今では、英語を仕事にするまでになっています。英語喋れるようになったおかげで、行動範囲もコミュニケーションの幅も広がりました。

今日は、あなたの英語に対する認識を改めてもらおうと思います。

英語の習得に掛かる期間は3ヶ月

英語圏に生まれた人間なら、なんの苦労もなく自然と英語が話せるようになります。つまり、英語が話せるようになる潜在的な能力というのは誰でも持ち合わせているはずです。

しかし、大人になってから英語を覚えるには努力をする必要があり、時間をかけてしっかりと学んで行く必要があります。

では、どのくらいの期間を勉強すればいいのか。

国務省の付属機関で、外交官の語学研修等を担うThe Foreign Service Institute(FSI)によると、日本人が英語を習得するのにかかる時間は約2200時間といわれています。

しかし、私の経験的にはそこまでの時間は必要ないのでは無いかと思います。というのも、ようは「効率」さえ考えれば、その時間を短縮することは可能だからです。

効率をあげるには没頭する勉強法を見つける

私が英語をたった3ヶ月で話せるようになったのは、夢中になれる勉強方法を見つけたからだと思っています。英語で一番大事なのは「継続力」という人も多いように、夢中になれば自然と学習するので、それだけ成長スピードが早くなります。

僕の場合、英語を学ぶことに夢中になりすぎて、自分で留学生と英語を学びたい大学生のOFF会を企画・実施したこともあります。

そのくらいハマる方法を見つけることが、急成長への大きな一歩になるでしょう。

YouTubeを見るだけで大丈夫

さて、僕が英語を話せるようになったきっかけですが、このブログでも、何度も言っているようにYouTubeの力がとても大きいです。

ちなみに、あなたは普段からYouTubeを見ますか?

もし、普段からYouTubeを見ているようであれば、そのうちの少しだけでも「英語の学習」に役立つ動画を見てもらいたいと思います。

それは、日本人でも外国人でもどちらでも大丈夫です。
僕の場合はたまたま「ピューディパイ」という、外国のYouTuberにハマったので、そこから多くのことを学ぶことができました。

あなたも、YouTubeからハマれるYouTuberを一人見つけてみてください!

では、最後に動画を一本載せるので、ここから英語の勉強に役立ててもらえればと思います!

www.youtube.com

 

 

例えば、この動画の1:17で使われるこのフレーズ、
「もし僕がアニメの女の子だったら、箱に入ったカニが欲しいだろうな」

 

この言葉、あなたはどう英語で言いますか?

 

「こんな言葉使わないよ!」間違いないです笑

 

しかし、この「もし〜だったら、〇〇だろうな」
このフレーズは役にたつと思いませんか?


このような役にたつフレーズが、
海外YouTuberを聞くことで「面白く楽しく」ということで、たっくさん自然と身について行くのです。